2100年12月28日

ようこそ トレイルランニング ジャパンへ

日本国内で開催されているトレイルランニング大会
の情報を集めています。

右サイドのカテゴリーから、お探し中の
トレイルランニング大会情報をクリックして下さい。

なお、当サイトの情報は最新ではないため実際に開催
されるトレイルランニング大会と内容が異なる場合が
あります。

レース詳細は、必ずリンク先のトレイルランニング大会
公式サイトにてご確認下さい。

よろしくお願いします。

201303_izu_trail.JPG

















2017年01月09日

TRAIL-RUNNING FORUM 2017 トレイルランニング フォーラム

日本トレイルランナーズ協会(JTRA)は、昨年度に続き
2回目のトレイルランニングフォーラムを開催。

今回のテーマは「トレイルランニングの多様性」。
午前中はJTRAが提案する大会ガイドラインの発表と、
様々な現場で活躍する人たちのプレゼンテーション。

午後は屋外でのトレーニングもある、実践的で多彩なワークショップ。
会場は昨年と同様に東京海洋大学の越中島キャンパスに変更。


trailrunning forum 2017
鏑木さん
お正月はインフルエンザでヨーロッパには行けず…



鏑木毅さんから、
JTRAが活動の中心として取り組んできた、トレイルランニング大会が
目指すべきガイドライン発表。
お正月はインフルエンザのため自宅療養、ヨーロッパ行きはキャンセルされた
とのこと。
車に妻と娘を残し、1時間だけ、、と言って、山を走ってしまったという
お休み中のエピソードなど。


「信州、夜は走らない」 大塚浩司
モントレイルで信州トレイルランニングレースを開催する大塚さん。
UTMBのポイントには申請しないスタンスを貫きます。


「こんなコースで遊んでみない?」 小山田隆二×高木智史
スリーピークス八ヶ岳トレイルのコースディレクター・小山田隆二さん、
九州各地で多彩な大会を 開いている高木智史さん

レースとは違い個人的に楽しんでいるトレイルコース(通勤ラン?)
の紹介。
滝壺にドッボーン!!って、11月の宮崎は寒くないの?


「ランナーよ、山に登ろう」 内坂庸夫(featuring望月将悟&山本健一)
雑誌ターザンでトレイルランニングを連載されている編集者で、トレイルランナーの内坂さん。
望月さんと山本さんはビデオレターで、トレイルランナーへのメッセージ。

登山者からみたトレイルランナーは、数年前とは変わってきている、、
今後、トレイルランナーが気をつける事とは、、

まとめ
午前の締めは、石川さんからの「トレイルランニングの多様性」の発表。


午後は、外でのランニングセミナーと構内でのワークショップに
別れて進行。

私は、残念ながら午後も構内でのワークショップ。


「山から無事に帰るためのギアとウェアの選び方」 講師:渡邊千春
ランニングギアやウェアについての話が全くないという講義。
山でのリスクを数値化し、それに備えるためにはどんなギアやウェアを身につければよいのかという、
事前の装備計画と行動計画の手法。
トレイルランナー自身はもちろん、待っている家族も安心できます。

IMG_2745.JPG

地図のURLはこちら
http://maps.gsi.go.jp/?ll=37.66185269,140.2778515&z=15#15/37.627811/140.302899/&base=std&ls=std&disp=1&vs=c1j0l0u0f0

コース
奥岳の湯〜くろがね小屋 4.35km 400m上昇
くろがね小屋〜安達太良山山頂 1.67km 300m上昇
山頂〜ゴンドラ駅 2.0km 400m 下降
ゴンドラ駅〜奥岳の湯 2.1km 300m 下降

問題
上記コースでの最深地はどこになるでしょうか?
LGD例:コース上の最深地で歩けなくなる。
LGD:Loss Given Default リスクが起こった場合の最大の損失
ヒント:山頂ではありませんよ。

では、リスクの定量化をやってみる。

      ・リスク量が2時間以内         ・リスク量が3時間以内
ウェア::::レイン+ベースレイアー         レイン+ミッドレイアー
行動食/水::600カロリー+1リッター        900カロリー+1.5リッター 

リスク量が3時間以上は、上級者以外行ってはいけない!!



「UTMBを笑って完走する3つの大事」 講師:内坂庸夫

心拍計を使った効果的なトレーニング方法。
よくいわれている最大心拍数 220ー年齢 の数値ではなく、
180ー年齢 さらに−5〜+5 を足した数値を維持したトレーニング。


補給栄養バランスについて
4:3:3 = タンパク質:糖質:脂質
普段の食事を見直してみる。

なぜ、長距離レースでは食べられなくなるのか、吐いてしまうのか?
消化吸収を行うのは、副交感神経が働いている状態。

食べられなくなっているのは、身の丈に合っていないレースをしているから。
ペース上げ過ぎで、消化吸収ができない状態となっている。
そのまま無理して走り続け、ハンガーノックで倒れてしまうより
エイドで座ってゆっくり食事をして休憩、完走を目指す。

体に蓄えられているグリコーゲンには限りがあり、27kmしか連続して走れない。
1時間で450カロリーが消費されるとして、その20%は脳で消費される。
ハンガーノックは非常に危険な状態になっている。

水分補給
一番良いのは、OS1を少しずつ摂る事。
自作も可能。
水1リットル 塩3g 砂糖40g

内坂さんの講義は、科学的に分析された結果に基づくもので
普段、何気なく行っているトレーニングや補給、水分補給に関して
考え直す良い機会となりました。

今後は、ほとんど使っていない心拍計を活用して走ってみようと
思います。



トレイルランニング ブログランキングへ


人気ブログランキングへ




にほんブログ村 アウトドアブログ トレイルランニングへ
にほんブログ村



にほんブログ村 トレイルランニング


にほんブログ村 アウトドアブログ

















posted by J-KING at 07:22| Comment(0) | TrackBack(0) | トレラン イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月26日

第5回トヨタの森トレイルランレース

第5回トヨタの森トレイルランレース

12月25日(日)

愛知県豊田市岩倉町 フォレスタヒルズ特設会場

21km(個人・リレー)・11km・6km・2km(小学生)・0.6km(未就学児)

コース  起伏と変化に富んだトヨタの森周回コース(1周5km)

・トレイルランのランコースは一部舗装路がありますが、大半(70%以上)は
 山あり谷ありの階段ありの不整地を走ります。
・エイドステーションは1周(5km)につき1か所設置予定です。
 水、スポーツドリンク、バナナ、チョコ等を用意します。
・すべての部門の制限時刻は、14時00分です。
・トレランポール等スティックの使用は禁止します。
・駅伝の部のメンバー変更は、事前に大会事務局にご連絡願います。
・会場のフォレスタヒルズには、ホテル、スポーツクラブ、クアハウスがございます。
お問い合わせは(0565)58-3500まで

【事 務 局 】〒470-0224 愛知県みよし市三好町東山104−6
       TEL:090−2345−5098(竹内) / E-Mail : taikai@asutama.com








タグ:トヨタの森
posted by J-KING at 06:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 愛知県 2016年12月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月12日

鬼太郎2016 ONITARO

鬼太郎2016

鬼太郎はタイムを競うレースではありません。垂直方向に挑む登山企画です。開催目的は以下の5点となります。

1.太郎山の自然や歴史などの魅力を学ぶこと

2.太郎山の登山道を整備・美化する心を養うこと

3.垂直方向に耐える体力を鍛えること

4.登山力(技術力・判断力・読図力)を鍛えること

5.全国各地に登山のマナー・ルールを発信すること

12月28日(日)
受付(出走確認)&スタート時刻
6:00〜9:00 好きな時間にスタートしてください
※参加誓約書・安全チェックリストの提出。

長野県
信州上田アウトドアビジターセンター
上田駅お城口より駅前通りを歩いて10分ほど、セブンイレブンの向かい側

累積標高差の合計を記録

JSA(一般社団法人 日本スカイランニング協会)
長野県上田市中央2-4-13 信州上田アウトドアビジターセンター内
email: japan_skyruninng@yahoo.co.jp







posted by J-KING at 06:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 長野県 2016年12月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月11日

いちごトレイルラン

いちごトレイルラン

スタート・ゴール地点ではアルパカに、コース途中ではヒツジたちに出会える!
もちろん牛や馬、アヒルなど、牧場ならではの動物たちとのふれあいも♪
12月はマザー牧場の「フルーツ農園」で、イチゴとフルーツトマトが美味しく実る季節!
場内で収穫した、まさに採れたてのイチゴ&フルーツトマトを食べればパワーがわいてくるかも!?

12月23日(祝)
受付時間 7: 30〜9:30
スタート フルエントリー10:00/チームリレーエントリー10:10

千葉県 マザー牧場
JR君津駅南口8:20発⇒マザー牧場(まきば駐車場)9:00着 
マザー牧場(まきば駐車場)15:10発⇒JR君津駅南口15:50着
運賃:片道大人700円/小人350円
JR東京駅 京葉線 6:07発 →JR蘇我駅 6:56着 /JR蘇我駅 内房線 7:04発→JR君津駅 7:46着
JR東京駅 京葉線 6:25発 →JR蘇我駅 7:14着 /JR蘇我駅 内房線 7:19発→JR君津駅 8:09着
アクアライン高速バス 東京駅八重洲口前 6:45発/君津駅南口 7:52着

20km(1周5km×4周・ソロ・チーム)

株式会社マザー牧場
千葉県富津市田倉940-3 
0439-37-3211






posted by J-KING at 12:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 千葉県 2016年12月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする